葬式のマナーを知っておこう|会場で浮かないために

葬祭費用は工夫次第

比較出来る資料を入手

合掌

同じ柏原のお葬式でも、その実、依頼する葬儀社によって費用は大きく前後します。こういったお葬式の傾向は全国的に見られ、場合によっては数10万円の差が出ることもあります。急なことが多いお葬式は、十分に費用の検討が出来ないのが難点です。最近増えている比較サービスは、お葬式の費用に関しても利用が出来ます。インターネット環境がある方は、かなり急ぐ場合でも比較の作業が進められます。比較サイトにアクセスをして必要事項を記入すれば、メールなどですぐに数社から見積りが届きます。このような資料を手元に用意して、葬儀社との打ち合わせに臨むのが1つの知恵です。予め用意した資料と葬儀社の見積もりを比較をすると、割高な項目が自然に目に付くようになり、その場で葬儀社に説明を求めることが出来ます。質にこだわっているなど、納得出来るような理由がある場合は、前向きに検討が可能です。柏原だけでも、利用出来る葬儀社は実のところ相当な数です。柏原近隣の葬儀社を含めれば、膨大な選択肢があります。従って、1つの葬儀社に絞ることは少し難しい作業となってきます。葬儀社ではそれぞれ提携する業者や施設がありますので、手数料にも自然と差が出てきます。見積もりの費用が極端に安い葬儀社は、提携業者が限られていることも考えられ、サービス内容の確認が必要です。余りに安さが目立つ時にも、さり気なく理由を聞いておけば安心と言えます。柏原の葬儀社との打ち合わせでは、ベースとなる資料が合った方が有利です。

自由に行える葬儀もある

葬儀会場

葬式は家族葬や社葬といったものが一般的です。しかし、最近は自由に行えるものも増えてきています。まず、最寄りの葬儀会社に相談してみましょう。例えば、柏原で葬式を行いたいのなら、柏原で自由に行える葬儀会社を選択することをお勧めします。よく有名人の葬式では誰々を偲ぶ会と称した葬式が行われるものです。これは大規模な催しとなり、場合によっては一般人も自由に参列できることがあります。普通の葬式とは違って歌を歌ったり、曲を盛大に流したりすることもあるのです。特にミュージシャンを偲ぶ会では、そのミュージシャンのヒット曲を大音量で流すこともあります。場合によってはコンサートのように大掛かりなイベントになることもあるのです。このような葬式を柏原で行えるのかどうか、確認してみましょう。もちろん、有名人ではなく一般人でも、その人の役職や立場などによっては大掛かりな偲ぶ会を催せることもあります。ただし、大掛かりになればなるほど費用はかかるものです。通常、偲ぶ会を率先した人たちが費用を出し合って行われることになります。また、自由葬といった形のものもあります。これは葬儀会社によって内容が異なるので、それぞれ確認してみましょう。一般的な葬式とは違って自由です。その点を念頭に置いておけば、自ずとどんなふうにできるのか分かってきます。もちろん、柏原の葬儀会社によってはあまり自由に選択できないところもあります。事前にホームページを見て比較しておきましょう。

事前調査が欠かせない

数珠

柏原で家族を見送りこれから葬式の準備をするという人は、これからどのような流れで様々な行事が進んでいくのか事前に知っておく必要があります。柏原には、一般的な仏式の葬式や宗教抜きで行う自由葬などに対応した葬儀社が存在しています。いずれの方式を選ぶにしても、その一連の流れについて頭に入れておくことが大事です。特に初めて柏原で葬式に関わる場合は、事前に入念に下調べをしておくようにします。柏原の葬儀社で執り行われている一般的な仏式の葬式と無宗教の自由葬の流れについて、それぞれ個別に解説いたします。まず、一般的な仏式の葬式についてですが病院や自宅での看取り後に自宅もしくは所定の安置所へと遺体が運ばれます。湯灌や身支度を経て僧侶による読経で追悼が行われたら、親類縁者の手によって納棺の儀へと進みます。納棺が済んだら、その日の内に身内や親しい仲間内だけで仮通夜が行われます。それと同時に本通夜の準備が必要になるため、弔問客への礼状や通夜振る舞いなどを手配します。弔問客を迎える本通夜が終了したら、後日改めて葬式や告別式を執り行います。具体的な儀式の内容や手順は宗派によって異なりますが、僧侶による読経の後でそれぞれが献花をして故人と別れを行います。その後、火葬場に向かう棺を見送って親族以外はお開きです。自由葬では、通夜や葬儀の際に読経などの宗教的儀式が行われません。その代わり、故人を偲ぶスライドショーを流すなどしてその人生を振り返ります。その他、喪主によるスピーチや弔問客による献花などの行事が用意されます。