葬式のマナーを知っておこう|会場で浮かないために

葬儀にかかる費用の問題

飲食接待費や寺院費も必要

棺

冠婚葬祭には出費が付きものですが、中でも葬式を行う人にとって頭の痛い問題は高額の費用がかかるという点です。葬儀社に依頼して一般的な葬式を実施する場合にかかる費用は、全国平均で約200万円という集計結果があります。この金額は後述する家族葬の普及を背景として減少傾向にあるとは言え、一般的な庶民にとっては高額な出費となる点に変わりありません。こうした葬儀費用にも地域によって違いが見られ、関東地方や東北地方などは全国平均よりも全般に高い傾向にあるものです。その点で柏原市の位置する近畿地方は葬式にかける費用が全国平均を若干下回っていますが、それでも四国地方や九州地方よりは高額な数字となっています。葬式にかかる費用は大きく分けて葬儀一式費用と飲食接待費用・寺院費用の3つがあり、その中でも全国平均で120万円を上回る葬儀一式費用が最も大きい部分を占めています。それぞれ40万円前後の飲食接待費用と寺院費用がこれに加算され、合計して約200万円という高額の葬式費用が必要となってくるのです。柏原市の葬儀社を利用して葬式を行う際にもこうした費用相場の点を事前に知っておくことで、案内される葬式プランも検討しやすくなります。全国平均で約200万円というのは故人に縁のあった会葬者を広く招き入れる一般葬も含めた数字で、故人の身内だけでしめやかに行われる家族葬ならもっと安くできます。柏原市内の葬儀社でも利用する人が増えている家族葬では、葬儀一式費用が50万円前後で済むケースも少なくありません。家族葬は寺院費用や飲食接待費用も低く抑えられるため、総額の費用が大幅に安くなるのです。柏原市内にも複数の葬儀社がありますので、一般葬の場合でも料金を比較することで葬式費用はさらに節約されます。以上のような工夫をすれば、全国平均の約200万円を下回る費用でも納得のいく葬式で故人を送ることが可能になるのです。

読む人や内容について

花

昨今の葬式では、時間の都合などで弔辞を省略することが増えてきました。しかし柏原の葬式ではほとんどの場合、しきたりを重んじて弔辞が読まれます。弔辞とはお悔やみの言葉のことで、柏原では故人の家族が読むことが一般的となっています。ただし故人に家族がいなかった場合や、特別に親しかった友人がいた場合などは、弔辞はその人に任されます。また柏原でも高齢化が顕著な地域では、幼い孫が弔辞を読むケースが増えています。弔辞は故人を弔うための言葉ですから、死を悼む気持ちが込められていれば、基本的には誰が読んでも良いとされているのです。弔辞の内容にも、ある程度のパターンはあるものの、明確な決まりはありません。具体的には、最初に故人との関係を述べてから、故人のエピソードを紹介しながら別れを惜しむことが基本的なパターンとなっています。かしこまった文章にする必要もなく、たとえば幼い孫が読む場合、子供らしい言葉や表現が使われた弔辞でも問題はないとされています。このように柏原の葬式の弔辞では、形式よりも真心が重視されているのです。ただし故人に懇意にしていた人がいなかった場合には、葬儀社のスタッフが読むこともあります。故人との密な付き合いがなかったスタッフが真心を込めることは難しいため、この場合の弔辞では、故人の人生や人柄などについて述べられます。しかし葬式に参列した人がそれを聞けば、故人への理解が深まることで、各々が真心を込めて手を合わせるようになるのです。

心づけのマナー

合掌

葬式をする際には、様々な心づけが必要になります。心づけとは葬式に関わる人達に渡す謝礼のことです。具体的には、遺体運送を行う運転手や参列者への通夜振る舞いの際に配膳を行う人にお礼として2000円から5000円程度のお金を渡します。細かい金額については、喪主の裁量です。また、葬式後四十九日を過ぎて精進落としを行う際にも関わったスタッフに心づけを渡します。昔ながらの住宅地が多い柏原にもこの習慣は残っているため、通常の葬式費用とは別に心づけを用意しておく必要があります。柏原の葬儀社の中には、葬式費用の中に全てのサービスが含まれている所もあります。その場合には、心づけは不要です。そのため、柏原で葬儀社を利用する際には心づけが必要か否かを事前に確認しておくようにします。心づけは、渡すタイミングも大事です。ちょうど良いタイミングで渡すことができるように、柏原の葬儀社では一旦心づけを預かっておくというシステムが採用されています。その時が来たら、喪主が同席の上でスタッフが代わりに渡すという仕組みです。喪主が直接渡したいという場合には、葬儀社のスタッフに合図してもらうことができます。ただし、公営の火葬場の場合はスタッフへ心づけを渡すことが一切禁止されています。斎場を完備した葬儀社では民間の火葬場を利用することが多いため、心づけの用意は必要です。関わるスタッフの人数に合わせて前もって分けて用意しておくと安心です。