葬式のマナーを知っておこう|会場で浮かないために

様々なスタイルがある

色々と準備も必要

葬式

葬式といっても一般葬や火葬、自由葬など多岐に渡っていますが、その中でも様々なスタイルがあります。柏原でも多くの種類があるので、故人が望んでいるものや、家族の意向などで選ぶことが出来るようになっています。葬儀社の管轄、あるいは管理している会館での会館葬も、柏原にて行なわれています。会館葬の中にも種類がありますが、仏式や友人葬、神式やキリスト教式など宗派などに応じて選ぶことが可能です。他にも斎場での葬式や、自宅での葬式もあるので、どれがいいか家族で話し合いながら決めていきましょう。もし柏原の自宅にて葬式を執り行いたいのであれば、葬儀社に依頼して、祭壇や受付セットなどを持ってきてもらうことになります。プランによって価格もセット内容も異なるので、その点は電話や資料、直接相談しながら確認しておきましょう。また、柏原で葬式をするときには、葬式の準備以外にも様々なものを用意する必要があります。まず遺影の準備が必要となりますが、それも早めに依頼しておきましょう。他にも喪主側の挨拶用の文章、火葬許可証の発行、喪服の用意、さらに死亡診断書や法要などの日時決定など色々とあります。もし不安な点や気になる点、分からないことがあれば葬儀社のスタッフに相談することが大切です。そうすれば何が必要なのか、またどの優先度が高いのかなども知ることが出来ます。急な場合は焦ってしまうことがありますが、丁寧に進めていくためにも葬儀社に頼りながら葬式の準備を進めていきましょう。

定番プランがお勧め

式場

葬式は葬儀会社によってプランが異なります。多くの人は一般的なものでいいと思い、それほどプランを比較することはありません。よって、最寄りの葬儀会社に任せてしまうことがほとんどです。柏原に住んでいるのなら、柏原の葬儀会社を選択しましょう。一般的な葬儀会社では、家族葬を主なプランとして提案してくれます。最近は親戚があまり居ないという家庭も多くなっており、家族だけでひっそりと葬式を行いたいという家庭が多いからです。家族葬は定番プランでもあるので、特に細かな要望を出さなければスムーズに行なえます。段取りもきちんとしていてとても楽です。また、会社の社長や役員などが亡くなった場合には、社葬を行うことがあります。これもまた、柏原で行いたいのなら、社葬に定評のある葬儀会社を柏原で選びましょう。社葬の場合、家族葬よりも規模が大きくなります。外部からの参列者も多くなるので、受付対応も大変です。通常、その会社の社員が行いますが、人手が足りない場合には、葬儀会社の方で人材を手配してくれることもあります。このように、一般的な葬式は葬儀会社に任せることがほとんどです。多くの葬儀会社は葬祭場とも提携しているので、火葬もスムーズにできるようになっています。葬祭場までのアクセスが不便であっても、そこまで送迎サービスがあるなど、とても便利です。柏原で葬式を行うかもしれないのなら、あらかじめ、どんな葬儀会社があるのか調べておきましょう。

香典返しを用意する

男性

葬式のマナーは一通り覚えておいて損はありません。まず、葬式に欠かせないものとして香典が挙げられます。出席する際、身近な人と額を統一しましょう。あまり多く包んでもかえって迷惑になることがあります。そのため、相場を知っておくことが大切です。もちろん、故人との関係性によって包む額は異なります。一般的には5千円から1万円程度となります。会社の関わりで出席する場合、同僚と相談して金額を統一しましょう。これは住んでいる地域が違っていても同様です。柏原でも相場はこの程度となっています。また、葬式を行う側はその香典に対して、香典返しを用意する必要があります。なお、香典の額によって対象は異なります。通常、香典の半分返しが一般的です。もしくは3分の1程度を目安にしましょう。また、返す時期も検討する必要があります。四十九日があけて落ち着いてからということもありますが、葬式の日に返すこともあります。当日に返す場合、香典の額をチェックできないので、全員同じ物を返すことになります。柏原の香典返しは重たくなく、かさばらないようなものとして、海苔やお茶といったものが定番となっています。当日に返す場合には、あらかじめ、柏原の葬式業者に香典返しの品を注文しておきましょう。また、後日改めて香典返しの品を送る場合は、挨拶状を添えた上で送るのが一般的です。いただいた香典の額に合わせて品を準備しますが、最近柏原ではカタログギフトを選ぶことも多くなっています。